m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>36歳外科医が「院長」として感じた孤独- 対談:高野己保・高野病院理事長◆Vol.4

36歳外科医が「院長」として感じた孤独- 対談:高野己保・高野病院理事長◆Vol.4

「あの緊張感は、管理者でなければ味わえない」

2017年12月24日 中山祐次郎(外科医)


一介の外科医、憧れの人に会いに行く:対談:高野己保・高野病院理事長高野病院の当時と今◆Vol.1院長の就任「静かに見守っていてほしい」◆Vol.2経営努力では対応できないことばかり◆Vol.3朝起きて、まだ寝ぼけたまま愛車の国産中古車に乗り込む。私の住む街、福島県郡山市の道路は静かに冷んやりとしていて、まだ完全に目が覚めていないようだった。近くのインターから高速に乗り、「常磐道」を東にひた走る。いわきの街までたどり着く。ここまで50分ほど。ここから左に曲がり、海沿いの道を一路北へと向かう。看板に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事