m3.com トップ>医療維新>レポート|日本vs.米...>日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」◆Vol.8

日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」◆Vol.8

「社会貢献」と「自分の自由な時間」で日米差

2018年1月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


日米を問わず多忙な医師像、かつ資格職の故に「リタイアせず、続けられる限りずっと仕事」という医師もおり、日々の生活、人生の中で、仕事が占めるウエイトが高いことが、今回の「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で明らかになった(『米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7』などを参照)。改めて「人生において重視する項目」について選択肢を挙げて聞いたところ、日米ともに最も多かったのは、「家族・親族」だった(Q1)。ただその割合には日米差があり、米国医師では55.9%と半数を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事