m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9

米国「保険決定覆すのに45分電話」との声も

2018年1月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


人口の高齢化に伴い、医療費抑制圧力が高まっているのは、多くの先進諸国に共通する課題だ。米国は患者が加入する保険によって給付範囲が異なるなど、制約が多いと言われるが、日米医師への調査で、「保険制度による診療行為の制限について、ストレスやジレンマを感じることはありますか?」を聞いたところ、「常に感じている」が日本24.6%、米国22.5%、「しばしば感じることがある」は日本52.3%、米国48.1%で、いずれも日本の方が高い結果となった(Q1)。もっとも、二つの回答の合計は、日本76.9%、米国70...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事