m3.com トップ>医療維新>レポート|乳腺外科医準...>乳腺外科医裁判、初公判から1年、公判再開見通せず

乳腺外科医裁判、初公判から1年、公判再開見通せず

弁護側「依然として検察側の証拠開示が不十分」

2017年12月28日 高橋直純(m3.com編集部)


東京都足立区の柳原病院で自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された男性外科医に対する東京地裁での裁判。2016年11月の初公判から1年以上が経つも、期日間整理手続が続いている。12月12日にも行われたが、弁護人の上野格氏によると、依然として検察側の証拠開示が不十分であり、公判再開の見通しは立っていないという。2016年11月30日の初公判後、これまでに9回の期日間整理手続が行われている(『「乳腺外科医のプライドかけて無罪主張」、柳原病院事件初公判...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事