m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>費用対効果評価、2018年中に制度化への結論

費用対効果評価、2018年中に制度化への結論

支払い意思額調査は診療側「駄目」、支払側「やるべき」

2017年12月20日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は12月20日、中央社会保険医療協議会の費用対効果評価・薬価・保険医療材料各専門部会の合同部会、続いて中医協総会に費用対効果評価の試行的導入のこれまでの取り組みの取りまとめと今後の検討課題を提示した。合同部会では、これまでの取り組みの取りまとめは了承されたが、試行的導入で断念した支払い意思額調査を今後実施するかどうかについて、診療側は反対、支払側は行うべきだと述べ、意見が分かれた。制度化に向けてはこうした内容などについて検討を続け、2018年中に結論を得る(資料は厚労省のホームページ、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

「病院は経営危機」、「プラスは遺憾」 2018/1/20

先進医療102件、885施設、患者3万2984人 2018/1/17

「ダヴィンチ」手術、一挙に12件を保険適用へ 2018/1/17

オプジーボ、「用法用量変化再算定」で再引き下げ 2018/1/17

中医協、厚労相の諮問受け2月に答申へ 2018/1/12

「重症度、医療・看護必要度」の定義・判定基準を一部変更 2018/1/10

初再診料の「未妥結減算」、対象を拡大 2018/1/10

診療報酬改定に向け議論を整理 2018/1/10

「かかりつけ医機能」を持つ医療機関の初診、加算で評価へ 2018/1/10

支払側、指導・監査の進捗状況通知を要望 2017/12/23

診療側、初再診料引き上げを要望、改定意見 2017/12/23

費用対効果評価、2018年中に制度化への結論 2017/12/20

中医協総会、2018年度薬価制度の抜本改革案を了承 2017/12/20

外来での相談・連携の評価、「慎重な検討を」 2017/12/15

就労中がん患者の主治医・産業医連携を評価 2017/12/15

麻酔科医、「常勤」を高く評価 2017/12/15

「個人の病理医との連携による病理診断」は却下 2017/12/15

医師からかかりつけ薬剤師への「検査値の提供」、日医委員はNG 2017/12/15

中医協の改定意見書、加藤厚労相に提出も形骸化 2017/12/15

新薬創出等加算、「企業影響等への配慮」で修正 2017/12/13