m3.com トップ>医療維新>医師調査|2017年の...>2017年、開業医の悪かったことは「ありすぎて…」◆Vol.6

2017年、開業医の悪かったことは「ありすぎて…」◆Vol.6

勤務医は「専門医試験落ちた」、「仕事が倍に」

2018年1月6日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:2017年に身の回りで起こった医療関連の出来事で、悪かったことをできるだけ具体的に教えてください。【開業医】白内障の手術をした。抜歯した。悪いことばかり。交通事故に遭い、自分が医療を受ける側に回ってしまった。支払基金の査定が急激に厳しくなってきている。診療報酬が悪意を持って一般に報じられていること。患者さんの調子が悪くなったことに尽きます。税務調査で、理不尽な言いがかりをつけられたこと。働けど、働けど、あまり変わらず。報道関係の仕事をしている患者家族に責められて辛い思いをした。開業して雑用が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事