m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>僻地勤務、義務にするなら「後期研修」「30代」が最多

僻地勤務、義務にするなら「後期研修」「30代」が最多

地域医療支援病院の管理者要件、4割が「希望しない」

2018年1月2日 高橋直純(m3.com編集部)


医師の地域偏在対策のため、何らかの形で僻地勤務を義務づけるべきではという意見も根強い。厚生労働省は現在、「医師少数区域」での勤務経験を有する医師を認定し、地域医療支援病院などの管理者(院長)の要件とすることなどを議論している(『「新規研修開始の医師」が対象、へき地等勤務が管理者要件』)。地域医療支援病院などの管理者(院長)の要件になったと仮定して尋ねたところ、僻地勤務を「希望する」としたのは20%程度だった。この数字、果たして多いのか、少ないのか――。僻地勤務をする時期としては「後期研修の間」「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

応召義務「拒否できる範囲の明確化」「チームなど体制が責務を」-意識調査「応召義務」◆Vol... 2018/7/16

応召義務、医師の3割が「撤廃」求める 2018/7/15

患者が医療情報に自由にアクセスできるPHR、過半数の医師が「反対」 2018/7/14

CT画像見落とし、「対策なし」3割超 2018/6/24

医療機関の口コミ「飲食店と同じノリではできず」 2018/6/23

救急車の利用料、医師の考える最多は「5000円」 2018/6/12

「初診からオンライン」、医師の賛否分かれる 2018/6/2

医療データ「今後活用」勤務医44.4%、AI開発や評価に 2018/5/26

後期高齢者医療費の自己負担、開業医の半数が「必要な医療減る」 2018/5/13

医学部定員、半数が「減員するべき」 2018/5/4

新人指導、「見て学べは不可能」「どこに行っても嫌な先輩いる」 2018/4/21

医師の起業「活発化を期待」、勤務医の32.8% 2018/4/15

患者情報、勤務医の48.3%「院外への持ち出し禁止」 2018/4/7

医師会員2割がアスリートの治療等に直接関与 2018/3/31

東日本大震災から7年、対策状況は二極化 2018/3/25

「AI画像診断支援、利用予定・したい」、勤務医78.9%、開業医63.2% 2018/3/18

選手への処方「うかつにできない」 2018/2/21

インフル治癒証明、半数が感染拡大防止に「意義なし」 2018/2/19

「オンライン診療、実施予定・したい」、勤務医36.7%、開業医20.3% 2018/2/10

医療専門職、臨床「5年」「10年」経て一人前 2018/2/4