m3.com トップ>医療維新>レポート>調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート

調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート

薬剤業務を横断的に見た評価体系を提言

2018年1月2日 高橋直純(m3.com編集部)


日本医師会総合政策研究機構(日医総研)は12月14日、ワーキングペーパー「調剤報酬の現状について」を公表した。大手門前薬局、チェーン薬局は高い利益率を維持しているとして、「国民、被保険者、患者の納得を超える利益を得ている薬局に対しては、大胆な適正化が必要であろう」と指摘。同じ調剤業務であっても院外(薬局)では、院内より高いことについては「不合理であり、是正すべきである」として、薬剤業務を横断的に見た評価体系を検討することを提言した(資料は、日医のホームページ。日医総研が2015年に出したレポート...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

ダヴィンチ手術「保険診療増えるのは大きい」 2018/1/19

2018年度医学部入試、センター試験速報! 2018/1/18

終末期医療GLを年度内にも改訂へ、厚労省がたたき台を公表 2018/1/17

加藤厚労相「2025年見据え医療体制構築を」 2018/1/15

「日本公的病院精神科協会」設立へ 2018/1/12

「骨太2018で激しい議論」横倉・日医会長が年頭会見 2018/1/10

常勤医師1人の紹介手数料、単価平均「337万円」、日医総研レポート 2018/1/10

看護職確保、200床未満病院が最も厳しく、日医総研レポート 2018/1/9

2017地方紙ニュース年間ランキング 2018/1/4

調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート 2018/1/2

「Heals」設立、医療者個人を責めない「公正な文化」を 2017/12/25

HPVワクチンのリーフレット、「ファクト」追加し改訂 2017/12/22

厚労省予算案、働き方改革3200億円 2017/12/22

適時調査件数が3割増、保険医療機関の指導・監査 2017/12/21

医師偏在対策、「1歩進んで2歩下がった」 2017/12/21

横倉・日医会長、「改定率は60点、希望は0.76-0.78%だった」 2017/12/21

四病協、専攻医数調整の数値公表求め意見書提出へ 2017/12/20

相澤日病会長、改定率0.55%は「100点満点で50点」 2017/12/19

「ジョン・マドックス賞」受賞、村中医師が厚労省で会見 2017/12/18

地域医療支援病院、果たして必要か、議論本格化 2017/12/16