m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師の働き方...>「医師の労働」とは何か?◆Vol.8

「医師の労働」とは何か?◆Vol.8

「区別困難」や「区別必要なし」との意見も

2018年1月14日 水谷悠(m3.com編集部)


医師の一日は診療から事務作業、各種委員会や勉強会、自己研鑽など多岐にわたり、「労働時間」の議論に入る前に、そもそも「どこからどこまでが労働か」が問題になる。「医師の労働」とは何かを聞いた。Q:下記のうちどれが労働(対価として給与をもらう仕事)に該当するとお考えですか。(複数選択)多くの項目で、理事長や院長など高い地位にある場合に「労働には該当しない」と考える傾向が見られた。診療やそれに伴う事務作業、当直、日直は多くの医師が「労働」と考えているが、いずれも1~2割程度は「労働に該当しない」と考える...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事