m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>時間外の上限規制、「医師特有の基準」が約半数◆Vol.9

時間外の上限規制、「医師特有の基準」が約半数◆Vol.9

高い職責ほど慎重な傾向見られる

2018年1月21日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:医師に対しても時間外労働の上限規制をすべきとお考えですか。男性男性医師全体で46.8%が「医師特有の基準による規制」と回答。職責ごとに見ても、いずれの職責もおよそ半数前後がこの回答だった。一方、上限規制を「すべきでない」は、全体では13.8%。地位が高いほど上限規制に慎重な傾向が見て取れ、理事長・院長などでは33.3%に上り、副院長では20.0%。役職なしでは7.0%とわずかで、絶対数が少ないものの、研修医・その他では一人もいなかった。「他の業種と同様の基準による規制」は、地位が高くなるほど...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事