m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10

「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10

医療制度は日米医師、それぞれ「自国」を評価

2018年1月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


日米の医師は、自国および諸外国の医療事情や制度について、どのように見ているのだろうか。医療水準、基礎研究、医療制度、労働環境、報酬という5つのテーマについて、複数の国名を挙げて、1位から3位まで順位を付けてもらった。日本と米国との比較で大きく差が付いたのは、報酬、労働環境、基礎研究の3テーマ。「1位」とした回答に加え、1位から3位までの合計のいずれも米国が上回った。日本の報酬や労働環境の評価は、ドイツ、イギリスよりも低いという結果だ。米国では医療事故に備えるための損害賠償保険の保険料の高さなども...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事