m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|未来の医師た...>2035年、医師は「都会で過剰、地方で不足」◆Vol.2

2035年、医師は「都会で過剰、地方で不足」◆Vol.2

強制力を持った医師配置、6割が「導入されず」

2018年2月4日 高橋直純(m3.com編集部)


Q2035年の医師の需給バランスはどのようになるとお考えですか。医師の需給バランスは現在も最もホットなトピックスの一つで、全国的に医師不足が指摘されているが、2035年では「都市部では過剰で、地方では不足している」と予想する医師が全体の70.5%で最も多かった。次いで「全国的に医師が過剰になっている」が16.4%で、「全国的に医師が不足している」の10.9%より多かった。その他では以下のような意見が寄せられた。・専門医は過剰になるが、かかりつけ医として総合診療が出来る医師が不足する。・専門医は余...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事