m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師の働き方...>負担軽減には「医療クラーク充実」、「当直明け勤務免除」◆Vol.11

負担軽減には「医療クラーク充実」、「当直明け勤務免除」◆Vol.11

「現実には無理」、「医師も労働者と認識を」との声も

2018年2月5日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:医師の時間外労働を減らすにはどのような対策が有効とお考えですか。(複数回答)全体で最も多かったのは「医療クラークの拡充」で63.8%、2位は「当直明け勤務の免除」で55.7%。勤務先別では、大学病院と民間病院では全体と同じく「医療クラークの拡充」、「当直明け勤務の免除」が1、2位だったが、公立病院と公的病院ではこの二つは逆転した。どの勤務先種別でも、当直明け勤務や、さまざまな事務作業を負担と感じている医師が多いようだ。今後進展が予想される「スマートフォンなどを活用した遠隔診療」は最も少なく、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事