m3.com トップ>医療維新>レポート|日本vs.米...>日本は「医療制度」、米国は「基礎研究」「労働環境」◆Vol.11

日本は「医療制度」、米国は「基礎研究」「労働環境」◆Vol.11

日米医師による自国の自己評価

2018年1月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


日米の医師に、医療制度、医療水準、労働環境、報酬、基礎研究という5つのテーマについて、複数の国名を挙げて、1位から3位まで順位を付けてもらった結果、総じて米国の評価が高いという結果だった(『「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10』を参照)。「自国の自己評価」という切り口で集計したところ、日本の自己評価が最も高いのは医療制度、米国の自己評価の最高は基礎研究という結果だった。日本の医師の自国の自己評価を見ると、トップの医療制度は1~3位までの合計は76.6%、医療水準もそれに匹敵し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事