m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>19歳でがん、「先生には感謝しかない」-対談:山下弘子さん◆Vol.1

19歳でがん、「先生には感謝しかない」-対談:山下弘子さん◆Vol.1

富士登山、自分の患者でも同行できるかと煩悶

2018年1月28日 まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の「憧れの人」に会いに行く対談企画「一介の外科医、憧れの人に会いに行く」。第3弾は19歳でがんを発症し、「余命半年」と宣告された経験もあり、ブログなどで患者の立場からの情報発信を続ける山下弘子さん。現在も闘病生活を送っていますが、その中で感じた医師との関係、医療の在り方について議論していただきました。(2017年12月22日に対談。全4回の連載)。・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事