m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12

「和解で終結」が日本の特徴、米国は判決

2018年2月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で患者とのトラブルの経験を調査した結果、米国の外科系医師の24.3%、約4人に1人が医療訴訟を経験していることが明らかになった(「医療訴訟」(裁判・判決)、(裁判・和解)の合計)。日本の外科系医師の13.7%と比べ、10.7ポイント多いという結果だ。内科系では両国の差は小さく、米国8.7%、日本7.1%。外科系の方が、内科系よりも訴訟が多い点は、両国に共通していた。日本では2000年代前半、医療事故関連の民事訴訟が急増、新規提訴のピークは2004年の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事