m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12

「和解で終結」が日本の特徴、米国は判決

2018年2月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で患者とのトラブルの経験を調査した結果、米国の外科系医師の24.3%、約4人に1人が医療訴訟を経験していることが明らかになった(「医療訴訟」(裁判・判決)、(裁判・和解)の合計)。日本の外科系医師の13.7%と比べ、10.7ポイント多いという結果だ。内科系では両国の差は小さく、米国8.7%、日本7.1%。外科系の方が、内科系よりも訴訟が多い点は、両国に共通していた。日本では2000年代前半、医療事故関連の民事訴訟が急増、新規提訴のピークは2004年の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!に関する記事(一覧

「あなたはリタイアできませんよ、必要とされているから」◆Vol.17-2 2018/3/25

「ありがとう、という言葉を聞けた時」◆Vol.17-1 2018/3/25

国民皆保険なき米国の課題多々◆Vol.16-2 2018/3/17

AIから終末期医療、働き方改革……◆Vol.16-1 2018/3/17

「最高の医療提供」の動機付けを医師に◆Vol.15-2 2018/3/11

「日本の医療、問題ありすぎ、どこから手を付ける?」◆Vol.15-1 2018/3/10

「医師は永久に良きもの」「Googleは医師の代わり?」◆Vol.14-3 2018/2/25

「十分な収入と社会的信用」「時給換算では低賃金」◆Vol.14-2 2018/2/25

「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は39.7%◆Vol.14-1 2018/2/25

「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.13 2018/2/18

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12 2018/2/2

日本は「医療制度」、米国は「基礎研究」「労働環境」◆Vol.11 2018/1/28

「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10 2018/1/21

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9 2018/1/14

日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」◆Vol.8 2018/1/7

米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7 2018/1/2

「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6 2017/12/11

「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.5 2017/12/4

20代医師で大差、「過去1年間に、論文1本以上」◆Vol.4 2017/11/26

「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3 2017/11/19