m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』-対談:山下弘子さん◆Vol.2

主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』-対談:山下弘子さん◆Vol.2

時間を奪っていく患者さんにどこまでつきあえるか

2018年2月4日 まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1・主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』◆Vol.2・医師には誇りを持ってほしい◆Vol.3中山祐次郎氏どんな時に医師を信用できると思ったり、逆に信用できないと感じますか。山下弘子氏山下弘子氏2011年、大阪女学院高校卒業。2012年、立命館大学法学部に入学(2014年9月に自主退学)。2012年10月に19歳にして肝臓がんが発覚し、「余命半年」を宣言されるも、現在も闘病中。ブログは『今を生きる〜山下弘子のほのぼの日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事