m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』-対談:山下弘子さん◆Vol.2

主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』-対談:山下弘子さん◆Vol.2

時間を奪っていく患者さんにどこまでつきあえるか

2018年2月4日 まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1・主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』◆Vol.2・医師には誇りを持ってほしい◆Vol.3m3.com編集部:2018年3月25日に山下さんは逝去されました。心からご冥福をお祈りいたします。中山祐次郎氏どんな時に医師を信用できると思ったり、逆に信用できないと感じますか。山下弘子氏山下弘子氏2011年、大阪女学院高校卒業。2012年、立命館大学法学部に入学(2014年9月に自主退学)。2012年10月に19歳にして肝臓がんが発覚し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画に関する記事(一覧

女子学生差別問題「男女関係なく辞めていくじゃん」-外科医/漫画家・さーたり氏◆Vol.1 2019/2/10

医学部生が全員医師にならなくともいいのではないか-カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部... 2019/1/27

経済学者の資産運用「本来的にはジャンケン?」-カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部・戸... 2019/1/20

「プットオプションとしての東大医学部」-カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部・戸田アレ... 2019/1/13

麻酔科医から米国で経済学者になるまで-戸田アレクシ哲・カリフォルニア大学サンディエゴ校経済... 2019/1/5

問題点だらけの医療業界を良くするために、一番良いアプローチは行政?―堀岡伸彦・厚労省医師養... 2018/12/23

「政策決定の過程にも仲間がいることを知ってほしい」―堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室... 2018/12/16

診療科偏在「働き方改革で絶対に解決するべき」-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆V... 2018/12/9

働き方改革、医療現場からの改革は可能か?-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆Vol... 2018/12/2

「働き方改革」と「専門医制度」が2大テーマ-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆Vo... 2018/11/25

医師は機械を監視し、説明とトラブルシューティングと責任さえ担当すればいい?-加藤浩晃・デジ... 2018/11/18

「未来の医療をつくる人をつくる」-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科医◆Vol.... 2018/11/11

医系技官「1日3万円で厚労省で勉強」-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科医◆Vo... 2018/11/4

眼科医、医系技官、そして医療AIベンチャーへ-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科... 2018/10/27

日本経済衰退の中での医療の緩やかな衰退 2018/10/7

大事なのは「その議論で、世界はどう変わるんですか」-ミナケア代表取締役・山本雄士氏◆Vol... 2018/9/30

投資型医療には“保険者の復権”が必要-ミナケア代表取締役・山本雄士氏◆Vol.2 2018/9/23

東大教授の一言で臨床医から転身-山本雄士・ミナケア代表取締役◆Vol.1 2018/9/16

非標準治療、せめてケースレポートだけでも-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市立井田... 2018/7/29

診察室の外で進める「医療の民主化」-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市立井田病院・... 2018/7/22