m3.com トップ>医療維新>オピニオン|藤田卓仙の「...>東大病院の病院情報システム更新はなぜ炎上したのか?

東大病院の病院情報システム更新はなぜ炎上したのか?

2018年2月6日 藤田卓仙(慶應義塾大学医学部特任助教)


昨年施行された改正個人情報保護法や、今年春に施行される次世代医療基盤法など、医療情報の扱いや活用をめぐって環境が大きく変わりつつあります。そこで、医学部卒業後に法科大学院を経て、医療政策や医事法の研究に取り組む藤田卓仙氏(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室特任助教)が、医療情報にまつわるトピックスを紹介・解説する新企画が始まります。第1回は、年明けにニュースとなった東京大学医学部附属病院の電子カルテシステム更新について、いったい何が問題でどうするべきなのか、解説をしていただきました。東京大学医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

藤田卓仙の「医療情報よもやま話」に関する記事(一覧

旭川医大vsNTT東日本を思い出す 2018/2/13

東大病院の病院情報システム更新はなぜ炎上したのか? 2018/2/6