m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.13

「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.13

日米医師とも外科系の方が内科系より高率

2018年2月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本では2000年代以降、医療訴訟が増加し、その結果、訴訟リスクを考え、診療が萎縮したり、若手医師が外科系など訴訟リスクが高い診療科を避ける傾向があるとされる。今回の調査で、「訴訟リスクが、医療行為に制限・変更などの影響を及ぼすと感じるか」を聞いたところ、「常にある」「しばしばある」の合計は、外科系医師については米国で46.4%、日本では40.6%で、米国の方が5.8ポイント高かった。「たまにある」まで加えると、米国82.2%、日本75.3%となり、いずれも高率だった。内科系医師でも同様に、「常...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!に関する記事(一覧

「あなたはリタイアできませんよ、必要とされているから」◆Vol.17-2 2018/3/25

「ありがとう、という言葉を聞けた時」◆Vol.17-1 2018/3/25

国民皆保険なき米国の課題多々◆Vol.16-2 2018/3/17

AIから終末期医療、働き方改革……◆Vol.16-1 2018/3/17

「最高の医療提供」の動機付けを医師に◆Vol.15-2 2018/3/11

「日本の医療、問題ありすぎ、どこから手を付ける?」◆Vol.15-1 2018/3/10

「医師は永久に良きもの」「Googleは医師の代わり?」◆Vol.14-3 2018/2/25

「十分な収入と社会的信用」「時給換算では低賃金」◆Vol.14-2 2018/2/25

「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は39.7%◆Vol.14-1 2018/2/25

「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.13 2018/2/18

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12 2018/2/2

日本は「医療制度」、米国は「基礎研究」「労働環境」◆Vol.11 2018/1/28

「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10 2018/1/21

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9 2018/1/14

日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」◆Vol.8 2018/1/7

米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7 2018/1/2

「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6 2017/12/11

「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.5 2017/12/4

20代医師で大差、「過去1年間に、論文1本以上」◆Vol.4 2017/11/26

「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3 2017/11/19