m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>2500万円支払い、不適切な抗菌剤投与とは-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.1

2500万円支払い、不適切な抗菌剤投与とは-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.1

争点は「 抗生剤投与継続義務」、「有感受性抗生剤投与義務」

2018年2月20日 高橋直純(m3.com編集部)


鹿児島県立大島病院(同県奄美市)に入院していた同県在住の78歳の男性が死亡したのは抗生剤が適切に投与されなかったためとして、遺族が県に計約3500万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(山地修裁判長)であり、2017年11月に県側が2500万円を支払う条件の和解が成立した。抗生剤が適切に投与されなかったとはどういう状況か、そもそもなぜ鹿児島の事案が大阪地裁で裁判が行われたのか――。本件は2015年5月に提訴され、和解は2017年11月。原告(遺族)、被告(病院側)が裁判に提出した資料から、2回に分...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医療裁判の判決詳報に関する記事(一覧

麻酔濃度管理で「注意義務欠いていた」-東京地裁判決を詳報◆Vol.5 2018/10/1

鑑定人医師らの見解も不一致-東京地裁判決を詳報◆Vol.4-2 2018/9/30

証人医師らの見解は一致せず-東京地裁判決を詳報◆Vol.4-1 2018/9/29

同様の麻酔事故で指摘された教訓は-東京地裁判決を詳報◆Vol.3 2018/9/23

重症児の麻酔、適切なリスク管理とは-東京地裁判決を詳報◆Vol.2 2018/9/22

重症心疾患男児の心カテ検査時に過失か-東京地裁判決を詳報◆Vol.1 2018/9/19

時間外手当は273万円、同額の付加金も-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.5 2018/6/1

最高裁は「時間外手当、年俸に含まず」-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.4 2018/5/21

原審を踏襲、時間外手当は「年俸に含む」-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.3 2018/5/18

看護師への指示がなかったことも医師の義務違反-横浜地裁、東京高裁判決の詳報◆Vol.4 2018/5/15

時間外手当は「年俸に含まれる」-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.2 2018/5/14

病院側逆転敗訴、高裁はどう判断したか-横浜地裁、東京高裁判決の詳報◆Vol.3 2018/5/9

地裁は医師の検査義務違反を認めず-横浜地裁、東京高裁判決の詳報◆Vol.2 2018/5/7

医師の時間外労働、どう認定するのか?-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.1 2018/5/5

緊急搬送の13歳が死亡、当直医は必要な検査を怠ったのか-横浜地裁、東京高裁判決の詳報◆Vo... 2018/5/1

「過失あり」は医師の診察内容から-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.4 2018/3/30

病院側逆転敗訴、高裁はどう判断したか-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.3 2018/3/23

地裁は医師の過失ないと認定、診察時の患者主訴が決め手-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol... 2018/3/14

腹部大動脈瘤破裂見逃しは医師の過失か-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.1 2018/3/12

裁判所の和解案、病院謝罪の意味-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.2 2018/2/22