m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>選手への処方「うかつにできない」

選手への処方「うかつにできない」

開業医13%、勤務医8%が治療経験

2018年2月21日 水谷悠(m3.com編集部)


韓国で行われている平昌オリンピックで、日本代表のショートトラック選手がドーピング検査で陽性反応を示し、暫定的な出場停止処分を受けた。検出されたアセタゾラミドは医師の処方が必要で、本人は否定する声明を出したが、今大会第1号で、衝撃が広がっている。アスリートの治療に関わった経験についてm3.com会員を対象に調査したところ、「治療した経験がある」と「治療、相談のいずれも受けたことがある」の回答を合わせると、開業医の13.4%、勤務医の8.4%と1割前後という結果だった。。自由回答では対応に苦慮した経...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

m3.com意識調査に関する記事(一覧

救急車の利用料、医師の考える最多は「5000円」 2018/6/12

「初診からオンライン」、医師の賛否分かれる 2018/6/2

医療データ「今後活用」勤務医44.4%、AI開発や評価に 2018/5/26

後期高齢者医療費の自己負担、開業医の半数が「必要な医療減る」 2018/5/13

医学部定員、半数が「減員するべき」 2018/5/4

新人指導、「見て学べは不可能」「どこに行っても嫌な先輩いる」 2018/4/21

医師の起業「活発化を期待」、勤務医の32.8% 2018/4/15

患者情報、勤務医の48.3%「院外への持ち出し禁止」 2018/4/7

医師会員2割がアスリートの治療等に直接関与 2018/3/31

東日本大震災から7年、対策状況は二極化 2018/3/25

「AI画像診断支援、利用予定・したい」、勤務医78.9%、開業医63.2% 2018/3/18

選手への処方「うかつにできない」 2018/2/21

インフル治癒証明、半数が感染拡大防止に「意義なし」 2018/2/19

「オンライン診療、実施予定・したい」、勤務医36.7%、開業医20.3% 2018/2/10

医療専門職、臨床「5年」「10年」経て一人前 2018/2/4

タスク・シフティング、「ないと仕事にならない」 2018/1/28

賢明でない選択、「過剰検査」や「過剰投薬」の声多数 2018/1/22

働き方改革、半数は「行われていない」 2018/1/14

僻地勤務、義務にするなら「後期研修」「30代」が最多 2018/1/2

医師会員の約4割が医療ドラマ視聴 2017/12/24