m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>里見進・東北大学総長、最終講義「創造と変革を先導する大学」

里見進・東北大学総長、最終講義「創造と変革を先導する大学」

世界から尊敬される三十傑大学の基盤づくりに尽力

2018年3月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


東北大学総長の里見進氏は同大医学部開設百周年記念ホールで2月16日、「創造と変革を先導する大学~世界から尊敬される三十傑大学を目指して~」と題して最終講義を行い、「東日本大震災後、混乱していた大学が何とか落ち着き、学生も教員も、教育や研究に真摯に取り組める環境になったと感じている」と振り返った。総長を務めたのは、2期6年。自らが指揮を執ってきた大学改革の現状を紹介。今後、確実な成果を挙げ、真のワールドクラスの大学、世界三十傑大学に飛躍するよう、次世代への期待を込めて最終講義を進めた。里見総長は1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事