m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>下瀬川徹・東北大学名誉教授、最終講義「私の膵臓研究」

下瀬川徹・東北大学名誉教授、最終講義「私の膵臓研究」

早期慢性膵炎の疾患概念を世界で初めて提唱

2018年2月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


東北大学名誉教授(前消化器病態学分野教授)の下瀬川徹氏は2月16日、同大医学部開設百周年記念ホールで最終講義を行った。テーマは「私の膵臓研究」。下瀬川氏は、膵疾患研究の第一人者であり、多数の研究業績を残した。中でも「早期慢性膵炎」の疾患概念を世界で初めて提唱したことで知られる。その診断基準を世界に先駆けて2009年に発表したのが日本であり、下瀬川氏が中心的な役割を果たした。その後、世界的な議論に発展、2016年には「早期慢性膵炎」の概念が取り入れられた新たな疾患定義である「Mechanistic...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事