m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>誰でも救急医になれる!

誰でも救急医になれる!

救急は向いてないと言われた救急医の話

2018年3月2日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


“超”高齢化が進む日本では、2025年の年間死亡者数が2010年比で40万人増の160万人になる見通しです。“高齢多死社会”などと呼ばれる、世界のどの国も経験したことがない未曾有の状況を前に、救急医療はどうあるべきなのか――。国内での診療経験だけでなく、米国メイヨー・クリニックでの救急研修、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた経験も持つ志賀隆氏(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)が、日々の診療や指導医としての考えなどを踏まえて救急医療の現場を紹介する新企画が始まりま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事