m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>産婦人科の専攻医は439人、2017年度比48人増

産婦人科の専攻医は439人、2017年度比48人増

産科婦人科学会公表、5都府県の割合は微増

2018年3月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本産科婦人科学会は3月3日、定例記者会見を開き、2018年度の新専門医制度の1次、2次登録者数は、計439人になったことを公表した。2017年度の391人と比べて、48人増加。内訳は1次登録408人、2次登録31人。同学会副理事長の八重樫伸生氏によると、過去5年間の医学部定員増に伴う専攻医の候補者数と比べた場合、産婦人科専攻医数はそれを上回っているという。定員は1126人だった。産婦人科は、5都府県(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)のシーリング(専攻医の登録が過去5年間の採用実績を超えない)の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

新専門医制度、「日本版ACGME」設立で改善を 2018/6/19

専攻医の“シーリング”、対象領域含め見直しを検討 2018/6/15

日本専門医機構の新役員の選考開始、6月末に決定 2018/6/6

消化器内視鏡専門医、日本専門医機構認定のサブスペに 2018/5/18

日本専門医機構に偏在対策など要望へ 2018/4/27

新専門医制度の完成度、「100%は無理、6、7割から」 2018/4/22

新専門医制度、開始までの“背景”語る、松原・専門医機構副理事長 2018/4/16

東京都に登録の専攻医、「3年目は都外」は43.8% 2018/4/14

「専門医制度、白紙に戻して議論したい」-神野正博・全日病副会長に聞く 2018/4/9

減少続いた外科専門医数、「新専門医制度で回復傾向に」 2018/4/6

日本専門医機構の社員総会、地域医療への懸念少なく 2018/3/29

「専攻医の東京一極集中」、増悪か否かで意見対立 2018/3/28

社会医学系、指導医・専門医3000人超へ 2018/3/21

日本専門医機構、総合診療専門医に「弊害」もたらす-丸山泉・日本プライマリ・ケア連合学会理事... 2018/3/21

新専門医制度の一期生8409人、「東京で研修」は21.7% 2018/3/16

産婦人科の専攻医は439人、2017年度比48人増 2018/3/5

新専門医制度「このまま進むことを危惧」 2018/3/1

3次募集は2月16日から、5都府県は全領域で“締め切り” 2018/2/9

医学生の医行為、「3類型」に分類、厚労科研 2018/1/30

「5都府県シーリングのデータ公表」、松原・専門医機構副理事長 2018/1/29