m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>産婦人科の専攻医は439人、2017年度比48人増

産婦人科の専攻医は439人、2017年度比48人増

産科婦人科学会公表、5都府県の割合は微増

2018年3月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本産科婦人科学会は3月3日、定例記者会見を開き、2018年度の新専門医制度の1次、2次登録者数は、計439人になったことを公表した。2017年度の391人と比べて、48人増加。内訳は1次登録408人、2次登録31人。同学会副理事長の八重樫伸生氏によると、過去5年間の医学部定員増に伴う専攻医の候補者数と比べた場合、産婦人科専攻医数はそれを上回っているという。定員は1126人だった。産婦人科は、5都府県(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)のシーリング(専攻医の登録が過去5年間の採用実績を超えない)の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

東京など5都府県の「シーリング」、実は過大 2018/12/12

東京都の専攻医7領域でオーバー、7府県は「20人以上減」 2018/12/11

新専門医「改善に努力」「医療崩壊の序曲」「現場の声聞いて」 2018/11/26

2019年度専攻医の1次登録、現時点で7652人 2018/11/19

「厚労相の16の意見・要請」に回答・了承得る、日本専門医機構 2018/10/22

2019年度専門研修、専攻医登録は10月22日から 2018/10/19

厚労省、専門医機構に16の意見・要請を通知へ、基本領域学会にも 2018/10/15

社会医学系の専攻医、2年目も100人超え 2018/10/12

専門医、「できるだけ取得してもらいたい」-寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.5 2018/10/6

専攻医採用数「実はシーリング超え」、3都府県、延べ6領域 2018/9/29

厚労相「専門医機構+18学会に要請」が可能に 2018/9/28

必要なのはシーリングではなく「底上げ」-寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.4 2018/9/28

専攻医の東京都2019年度シーリング決定、各領域5%減 2018/9/25

カリキュラム制は「特別な理由」がある場合-寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.3 2018/9/24

なぜ内部情報が漏洩したのか、由々しき事態-寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.2 2018/9/21

質問に速やかに回答できず、不信感に-寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.1 2018/9/17

総合診療専門医、「乗り越えるべき課題」とは? 2018/9/15

専攻医採用、2019年度も5都府県のシーリング継続 2018/8/27

四病協、新たに二階建て「専門医制度」を提言 2018/8/23

総合診療の専攻医に上限設定、「1プログラム2人まで」 2018/8/17