m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>腹部大動脈瘤破裂見逃しは医師の過失か- 岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.1

腹部大動脈瘤破裂見逃しは医師の過失か- 岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.1

地裁での遺族、病院側の主張

2018年3月12日 高橋直純(m3.com編集部)


地方独立行政法人・山口県立病院機構が運営する山口県立総合医療センター(防府市)で受診した男性(当時69歳)が腹部大動脈瘤破裂で死亡したのは、センターが適切な検査をしなかったのが原因として、遺族が同機構に約6300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2月16日、広島高裁であった。医師に過失はなかったとする山口地裁での一審判決を取り消し、野々上友之裁判長(三木昌之裁判長代読)は「適切な検査を行わず、医師の診察に過失があった」として、同機構に計約3300万円の支払いを命じた。上告期限の3月1日に山口県立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療裁判の判決詳報に関する記事(一覧

「過失あり」は医師の診察内容から-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.4 2018/3/30

病院側逆転敗訴、高裁はどう判断したか-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.3 2018/3/23

地裁は医師の過失ないと認定、診察時の患者主訴が決め手-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol... 2018/3/14

腹部大動脈瘤破裂見逃しは医師の過失か-岡山地裁、広島高裁判決の詳報◆Vol.1 2018/3/12

裁判所の和解案、病院謝罪の意味-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.2 2018/2/22

2500万円支払い、不適切な抗菌剤投与とは-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.1 2018/2/20

高裁、原審判決を踏襲-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.5 2017/6/19

「深く穿刺しないようにする義務を怠った」裁判所の判断-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol... 2017/6/12

発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3 2017/6/5

上肢の全廃、「心的要因も」病院側が反論-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/28

“技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/23

損害賠償金30万円、患者の自己決定権を侵害-横浜地裁判決を詳報◆Vol.3 2017/5/14

CT後に心臓カテーテル検査をすることの是非-横浜地裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/5

「増収のために不要な検査」は事実か-横浜地裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/3

「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2 2017/2/12

院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1 2017/2/11

研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は? 2016/10/23

誤嚥死亡で和解金600万、神戸地裁での双方の主張を詳報 2016/9/10

帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2 2016/6/23

帝王切開で死亡、高裁が認定した事実◆Vol.1 2016/6/20