m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>医師37人に行政処分、精神保健指定医不正取得

医師37人に行政処分、精神保健指定医不正取得

医業停止1月20人、戒告17人、医道審

2018年3月7日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は3月7日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師20人に医業停止1月、17人に戒告とする行政処分を決めた。発効は3月21日。いずれも、聖マリアンナ医科大学病院での精神保健指定医の不正取得問題に端を発した全国的な調査で、不正が判明して2016年11月に精神保健指定医を取り消された医師。不正を認定された101人中2人は死去、28人は2018年1月に医業停止の処分を受け、今回の37人を加えて残りは34人。2月28日に新たに不正が分かったと発表した2人は、まだ審議の対象にはなっておらず、今後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事