m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>「医師という専門家だからこそ、メディアにも口を出していこう」-対談:市川衛・NHKチーフ・ディレクター◆Vol.4

「医師という専門家だからこそ、メディアにも口を出していこう」-対談:市川衛・NHKチーフ・ディレクター◆Vol.4

遠くからブーブー文句を言っているだけでは、世界は何も変わらない

2018年3月18日 中山祐次郎(外科医)


医師とテレビディレクターが医療情報を発信し続ける訳◆Vol.1NHKディレクターが語る医療番組の作り方◆Vol.2「芋で大腸がんを防ぐ」と言わせるメディアとどう付き合う◆Vol.3朝、術後の患者さんの回診を終え、急いで車を郡山駅に走らせる。総合南東北病院から郡山駅までは車で15分ほど。ほんの150年ほど前に、猪苗代湖から水を引いて開発されたこの30万人都市は、周囲を山々に囲まれている。2月の冷たい風に震え、車の窓を閉めた。午前中の郡山駅はまだ人もまばらだった。「えきねっと」で取っていたチケットを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画に関する記事(一覧

経済学者の資産運用「本来的にはジャンケン?」-カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部・戸... 2019/1/20

「プットオプションとしての東大医学部」-カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部・戸田アレ... 2019/1/13

麻酔科医から米国で経済学者になるまで-戸田アレクシ哲・カリフォルニア大学サンディエゴ校経済... 2019/1/5

問題点だらけの医療業界を良くするために、一番良いアプローチは行政?―堀岡伸彦・厚労省医師養... 2018/12/23

「政策決定の過程にも仲間がいることを知ってほしい」―堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室... 2018/12/16

診療科偏在「働き方改革で絶対に解決するべき」-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆V... 2018/12/9

働き方改革、医療現場からの改革は可能か?-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆Vol... 2018/12/2

「働き方改革」と「専門医制度」が2大テーマ-堀岡伸彦・厚労省医師養成等企画調整室室長◆Vo... 2018/11/25

医師は機械を監視し、説明とトラブルシューティングと責任さえ担当すればいい?-加藤浩晃・デジ... 2018/11/18

「未来の医療をつくる人をつくる」-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科医◆Vol.... 2018/11/11

医系技官「1日3万円で厚労省で勉強」-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科医◆Vo... 2018/11/4

眼科医、医系技官、そして医療AIベンチャーへ-加藤浩晃・デジタルハリウッド大学大学院/眼科... 2018/10/27

日本経済衰退の中での医療の緩やかな衰退 2018/10/7

大事なのは「その議論で、世界はどう変わるんですか」-ミナケア代表取締役・山本雄士氏◆Vol... 2018/9/30

投資型医療には“保険者の復権”が必要-ミナケア代表取締役・山本雄士氏◆Vol.2 2018/9/23

東大教授の一言で臨床医から転身-山本雄士・ミナケア代表取締役◆Vol.1 2018/9/16

非標準治療、せめてケースレポートだけでも-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市立井田... 2018/7/29

診察室の外で進める「医療の民主化」-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市立井田病院・... 2018/7/22

患者の悩み「医師とコミュニケーション取れない」-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市... 2018/7/15

緩和ケア医が「非標準治療」に足を踏み入れた訳-一般社団法人「プラスケア」代表理事/川崎市立... 2018/7/8