m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「AI画像診断支援、利用予定・したい」、勤務医78.9%、開業医63.2%

「AI画像診断支援、利用予定・したい」、勤務医78.9%、開業医63.2%

「あくまで参考。最終的な判断は医師自身」

2018年3月18日 長倉克枝(m3.com編集部)


AI(人工知能)を用いた画像診断支援ソフトウェアの開発が進んでいる。厚生労働省では、こうしたソフトウェアを医療機器プログラムとして承認審査をするためのガイドラインを今春にも公表する予定で、今後医療現場での導入が進んでいくと考えられている(『AIが切り拓く医療の新時代』を参照)。AIを用いた画像診断支援ソフトウェアの利用意向についてm3.com医師会員を対象に尋ねたところ、「利用する予定」「利用したいと思っている」との回答の合計は勤務医の78.9%、開業医の63.2%であり、特に勤務医からの期待が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

「募集時に方針明記すべき」「必要悪」「働かない女医が多すぎる」-意識調査「女子受験生の点数... 2018/8/17

医師46.9%「あり得る」、42.5%「あり得ない」-意識調査「女子受験生の点数一律減点」... 2018/8/11

医師不足、最も足りないのは「当直帯」 2018/8/10

開業医32.2%、勤務医40.3%が「プレシジョン・メディスン」賛成 2018/8/5

宿日直、4割が「通常業務と変わらない」 2018/7/30

応召義務「拒否したい患者がいる」「免責あれば対応する」-意識調査「応召義務」◆Vol.3-... 2018/7/17

応召義務「拒否できる範囲の明確化」「チームなど体制が責務を」-意識調査「応召義務」◆Vol... 2018/7/16

応召義務、医師の3割が「撤廃」求める 2018/7/15

患者が医療情報に自由にアクセスできるPHR、半数の医師が「反対」 2018/7/14

CT画像見落とし、「対策なし」3割超 2018/6/24

医療機関の口コミ「飲食店と同じノリではできず」 2018/6/23

救急車の利用料、医師の考える最多は「5000円」 2018/6/12

「初診からオンライン」、医師の賛否分かれる 2018/6/2

医療データ「今後活用」勤務医44.4%、AI開発や評価に 2018/5/26

後期高齢者医療費の自己負担、開業医の半数が「必要な医療減る」 2018/5/13

医学部定員、半数が「減員するべき」 2018/5/4

新人指導、「見て学べは不可能」「どこに行っても嫌な先輩いる」 2018/4/21

医師の起業「活発化を期待」、勤務医の32.8% 2018/4/15

患者情報、勤務医の48.3%「院外への持ち出し禁止」 2018/4/7

医師会員2割がアスリートの治療等に直接関与 2018/3/31