m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師・医療界...>医師・医療界に特有のセクハラ「ある」女性医師61%◆Vol.1

医師・医療界に特有のセクハラ「ある」女性医師61%◆Vol.1

女性医師への偏見も根強く

2018年3月25日 長倉克枝(m3.com編集部)


米ハリウッドの大物プロデューサーによる性暴力被害の訴えをきっかけに、セクシャルハラスメント(セクハラ)告発の動き「MeToo」が欧米で広まった。職場におけるセクハラ防止などの対策は、男女雇用機会均等法で事業主に義務付けられている。ただ、セクハラは男女ともに行為者にも被害者にもなり得るが、具体的にどうしたケースがセクハラに相当するのか、行為者自身にも判断が付きにくい難しさもある。こうしたセクハラ問題について、今後の対応に役立てるため、職場の対策の現状や自身または周囲の人たちの被害の実態についてm3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事