m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>オペ室のフィジシャン・アシスタント(PA)って何? 前編

オペ室のフィジシャン・アシスタント(PA)って何? 前編

医師とPAの違いとは

2018年4月8日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


[連載第1回はこちら]米国の臨床現場で、日本で働いていた時と大きく違うなと思ったのが、フィジシャン・アシスタント(PA)の存在です。PAという職業の定義はよくわかりませんが、僕がわかる範囲でいうと手術室で助手や簡単な手技をしたり(OperationRoomPA=ORPAと言ってます)、病棟で患者管理をしたり、外来の手伝いをしたりしてる人達です。要はフィジシャン(医師)の仕事をアシスト(助ける)してるということです。今回は僕がよく接するORPAの話です。シカゴ大学には現在4人のORPAがいます。ジ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事