m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>2020年度以降の医学部定員、5月にも結論

2020年度以降の医学部定員、5月にも結論

医療法改正案の行方など考慮、1~2年度分先行で議論

2018年3月23日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は3月23日、「医療従事者の需給に関する検討会」の第18回医師需給分科会(座長:片峰茂:長崎大学前学長)に、2019年度までの暫定増員が終了した後の2020年度以降の医学部定員について、今年5月をめどに結論を得たいとの方針を提案した。複数の構成員から、2019年4月の施行を目指して今月閣議決定されたばかりの医師偏在対策を盛り込んだ医療法改正案や、2019年3月までに結論を得るとされている「医師の働き方改革」の行方など不確定要素が多い状況で将来的な方針を出すことへの懸念が示される一方で、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療従事者の需給に関する検討会に関する記事(一覧

「医師少数区域等で6~12カ月勤務」で医師認定、厚労省案 2018/12/12

2018年度の地域枠充足率81.6%、24府県が「8割未満」 2018/11/28

医師確保「少数区域は多数区域から」、可能か? 2018/11/28

2025年の看護需給、推計方法おおむね合意 2018/10/30

必要医師数「2036年」時点で推計、「地域枠」は別枠の入試で 2018/10/24

医師偏在指標、全国一律に「医師多数区域」「医師少数区域」を設定 2018/9/30

医師需給の「第3次中間取りまとめ」、了承 2018/5/28

医学部定員、「2022年度以降、減員に向けた議論が必要」 2018/5/21

医師需給2028年頃に均衡、「週60時間程度に制限」で 2018/4/13

2022年度以降の医学部定員、「削減」の方向で検討 2018/4/12

2020年度以降の医学部定員、5月にも結論 2018/3/23

厚労省、医師偏在対策で関連法案、来年国会提出へ 2017/12/19

規制色弱まる、医師偏在対策の第2次中間取りまとめ案 2017/12/10

「新規研修開始の医師」が対象、へき地等勤務が管理者要件 2017/11/22

「医師少数区域」の勤務医師、厚労省が「認定」を検討 2017/11/9

医学部定員の「地元出身者枠」、地域枠とは別に設置を 2017/10/25

「医師確保」に新計画、医療法に位置付けを検討 2017/10/12

勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化 2017/9/14

「地域枠、地元に限定」「医師データベースで異動を追跡」 2017/6/16

医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む 2017/4/21