m3.com トップ>医療維新>レポート>看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

日医「医療関係者検討委員会」報告書を公表

2018年3月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会常任理事の釜萢敏氏は3月28日の定例記者会見で、2016、2017年度の日医「医療関係者検討委員会」の報告書を公表した。看護師の特定行為研修については、急性期の病院での実施が想定される行為よりも、「在宅医療を支えるために必要な行為の研修受講の推進」を求め、そのために315時間という共通科目時間数の削減など、受講する看護師と指導者の負担軽減などを図るべきとした内容だ(資料は、日医のホームページ)。一方で、特定行為の範囲見直しについては、「特定行為研修がしっかり定着して、実績が上がってくる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18

「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装 2019/11/12

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6

オンライン診療「疾患制限を撤廃、医師の裁量拡大を」 2019/11/6

内保連「意思決定支援管理料の新設を」、三保連シンポ 2019/11/5

「診療報酬本体引き下げ、給与減の要請と同じ」、横倉日医会長 2019/11/1

日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞 2019/11/1

医師4人、歯科医師1人に行政処分 2019/11/1

「医師の支援を受けてなされる自殺に反対」WMA宣言 2019/10/31

HPVワクチン報道の名誉毀損裁判、上告受理申立てへ 2019/10/30

透析中止死亡女性の夫「なぜ再開してもらえなかったのか」 2019/10/28

厚労省、2019年度内にNIPT実態調査へ 2019/10/24

“健保の危機”、10万ツイート、2週間で達成 2019/10/21

公立福生病院へ2200万円請求、透析中止で遺族提訴 2019/10/17

がん・難病の全ゲノム解析、日本でも検討開始 2019/10/17