m3.com トップ>医療維新>レポート>看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

日医「医療関係者検討委員会」報告書を公表

2018年3月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会常任理事の釜萢敏氏は3月28日の定例記者会見で、2016、2017年度の日医「医療関係者検討委員会」の報告書を公表した。看護師の特定行為研修については、急性期の病院での実施が想定される行為よりも、「在宅医療を支えるために必要な行為の研修受講の推進」を求め、そのために315時間という共通科目時間数の削減など、受講する看護師と指導者の負担軽減などを図るべきとした内容だ(資料は、日医のホームページ)。一方で、特定行為の範囲見直しについては、「特定行為研修がしっかり定着して、実績が上がってくる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

薬剤師の卒後病院研修義務化、日病協が提言検討 2020/10/23

医師国試「出題範囲絞るべき」、改善検討部会 2020/10/23

マイナンバー活用の情報提供はオールオアナッシング 2020/10/22

感染症と医療計画の議論を開始、厚労省検討会 2020/10/2

慶應医学賞に理研・宮脇氏、ジェネンテック・レゲフ氏 2020/10/1

医師11人、歯科医師13人、不正請求などで行政処分 2020/9/25

医療機関の広告事項に「医師の働き方改革」是非は? 2020/9/24

西村担当相、新政権で「規制改革・デジタル化、強力に推進を」 2020/9/15

HPVワクチン積極的勧奨再開目指し「国民の命を守る会」参加へ 2020/9/15

NCD「世界に誇れるビッグデータに成長」、設立10周年記念式典 2020/9/13

「HPVワクチンの不安払拭へ」産婦人科医・小児科医らがプロジェクト 2020/9/1

2019年度の概算医療費、過去最高の43.6兆円 2020/8/31

元阪大医師、5論文で特定不正行為を認定 2020/8/19

AMED新理事長「COVID-19対策が喫緊の課題、政府としっかり協調」 2020/8/18

「予期せぬ死亡調査制度」の通称案浮上、医療安全調査機構・運営委 2020/8/12

医師確保で岩手・新潟県ら12県知事会が厚労省に提言書 2020/8/8

厚労省幹部人事、鈴木医務技監は交代、後任に福島・国立保健医療科学院院長 2020/7/31

データヘルスで2年間の集中改革方針を確認、厚労省 2020/7/30

准看護師、高裁は逆転無罪、「あずみの里」事件(2020/7/28追記) 2020/7/28

厚労省改革実行チーム、テレワークや国会業務で成果 2020/7/21