m3.com トップ>医療維新>レポート>全日病の総合医育成事業、定員40人に対し、既に半数の応募

全日病の総合医育成事業、定員40人に対し、既に半数の応募

第6回臨時総会で説明、30代~70代と年齢層は幅広く

2018年3月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


全日本病院協会常任理事の井上健一郎氏は3月31日の第6回臨時総会で、2018年7月から全日病が開始する総合医育成事業に対し、現時点で既に40人の定員の約半数の応募があると説明した。年齢は40、50代が中心だが、30代から70代にわたる。病院院長も少なくないという。募集期間は3月1日から5月31日まで。研修開始は7月14日から。総合医育成事業は、外国人技能実習生の受け入れ事業、介護医療院協議会の組織と並んで、全日病が2018年度から開始する三大新規事業の一つ。高齢患者が増加する中、幅広い診療能力を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

オンライン診療料、迫井審議官が改定の真意語る 2018/12/9

デーモン閣下、厚労省案に「誰も読まない」 2018/12/7

日医、10連休の対応年内に取りまとめ「地方行政に危機感を」 2018/12/6

九大名誉教授・前原氏「外科学、がん治療学でさらに努力続ける」 2018/12/3

ACPの愛称「人生会議」に決定、11月30日は「人生会議の日」 2018/12/3

日病協も消費税問題で要望 2018/12/1

aiboが入院中の小児「癒す」、成育医療研究センターで検証 2018/11/30

四病協、消費税問題で抜本的対策改めて求める 2018/11/28

がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で 2018/11/27

HPVワクチン、副反応疑い報告の傾向に変化なし 2018/11/26

日医初の試み、700人近い医師会役員が一堂に会す 2018/11/25

「終わりのない診断の旅」から患者を救う、カギはデータシェア 2018/11/24

「継続的な服薬状況の把握・指導と記録」、法改正で義務化へ 2018/11/23

厚労省、AI開発加速で対応すべき項目まとめる 2018/11/22

災害診療記録が改訂、「より記入しやすく」 2018/11/21

100万~500万円の機器にも特別償却を要望、日病 2018/11/21

地域医療支援病院、「2つの機能」追加に向け議論開始 2018/11/16

6NC連携、1つに統合?内部で連携? 2018/11/16

医師の地域偏在解消、「救急医の養成強化が急務」 2018/11/15

「外国人旅行者に対する医療提供検討会」が発足 2018/11/15