m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>PAは達人、でも指揮は外科医

PAは達人、でも指揮は外科医

オペ室のフィジシャン・アシスタントって何? 後編

2018年4月15日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


一緒に手術室で働くORPAは、手術に関しては技術と経験の塊みたいな人達です。そんなプロフェッショナルの人達の中に、中途半端な心臓外科医である僕が入り込んでいったので、最初の頃は彼らとうまくいかないこともありました。正面が北原氏、手前はPAのジョン・S氏(北原氏提供)向こうは特に意識していないかもしれませんが、働き始めの頃など僕はただなんとなく手術室にいて、なんとなく手術に入っていたので、PAが第一助手、僕が第二助手みたいな逆転現象をきたすこともありました。上司に相談しても「基本的には職業が違うの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

北原大翔の「モテたい心臓外科医、米国へ渡る」に関する記事(一覧

PAは達人、でも指揮は外科医 2018/4/15

オペ室のフィジシャン・アシスタント(PA)って何?前編 2018/4/8

そんな僕が米国留学を目指した理由 2018/3/24