m3.com トップ>医療維新>レポート>山形大の“ドクターフィー”、最高は年間760万円

山形大の“ドクターフィー”、最高は年間760万円

医学部参与・嘉山氏「どの病院でも可能」、外科学会総会で

2018年4月9日 大西裕康(m3.com編集部)


山形大学医学部参与兼特任教授の嘉山孝正氏は4月5日、2017年の1年間で同附属病院の医師が得た、いわゆるドクターフィー(医師への個別手当)の実績として、最高額が心臓外科系医師の約760万円だったと明かした。その上で、病院の経営層が工夫すれば現在の診療報酬体系でも外科医が満足する水準でインセンティブを払えるとの考えを示し、「全国の病院でも、大学でもやるべき」と述べ、外科医離れに歯止めをかける施策としても重要と訴えた。脳神経外科の最高額は約500万円、消化器外科系は約300万円だった。東京都内で開催...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「医療機関の復旧が焦点」日医・石川常任理事 2018/7/18

ダビンチ手術、保険適用で3~4倍増の領域も 2018/7/17

全日病「総合医」の養成スタート、医師60人が参加 2018/7/15

「患者が帰省先マンションで飛び降り自殺」、医師の責任は? 2018/7/14

日医、「被災地JMAT」の派遣を準備 2018/7/11

倉敷市のまび記念病院、患者・職員ら救出完了、西日本豪雨 2018/7/9

DMAT事務局、人員増など体制強化へ 2018/7/6

「医療情報の連携を進めるべき」政府AI原則会議で和泉・首相補佐官 2018/7/6

「医薬分業自体を見直す時期」、中川日医副会長 2018/7/5

医賠責保険、外国人・自由診療も対応可 2018/7/5

日医、外国人医療対策会議を開催「国による予算を」 2018/7/5

「医師と個別に契約書」「専門医も総合的なマインドを」 2018/6/30

病院総合医「便利屋でなくリスペクトされる存在目指す」 2018/6/29

医療広告GLのQ&A、34項目を追加 2018/6/29

「報酬単価、全国で値下げ」波及を懸念、横倉日医会長 2018/6/28

「地域密着型病院の整備がカギ」、相澤日病会長 2018/6/28

日医小玉常任理事「控除対象外消費税、しっかり解決」 2018/6/28

地域医療連携のコストは、関係機関全体で負担を 2018/6/22

全自病会長に小熊豊氏、副会長に竹中、望月両氏 2018/6/22

日医、AIと医療で提言、「医療従事者とAIが協調する医療の実現を」 2018/6/21