m3.com トップ>医療維新>医師調査|いよいよ開始...>総合診療、「他に検討した基本領域」では第2位◆Vol.5

総合診療、「他に検討した基本領域」では第2位◆Vol.5

専攻決定理由、トップは「医学・医療的な関心・興味」

2018年4月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


新専門医制度では、19の基本領域のいずれか一つに専攻を決め、登録する。どの基本領域のプログラムに登録したかを聞いたところ、最多は内科で36.1%。以下、精神科7.7%、麻酔科7.3%、外科6.9%などと続いた。なお、日本専門医機構のまとめでは、2018年4月の新専門医制度一期生の専攻は、多い順から、内科、外科、小児科、整形外科、麻酔科、産婦人科、精神科など。「他に検討した基本領域」については、44.9%が「ない」と回答。一方、「ある」と回答した医師の回答を見ると、内科に次いで多かったのは総合診療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事