m3.com トップ>医療維新>レポート>手術・手技の報酬、「価値」「アウトカム」反映の検討が重要

手術・手技の報酬、「価値」「アウトカム」反映の検討が重要

日本外科学会定期学術集会、特別企画「外科医のインセンティブ導入をめざして」

2018年4月13日 大西裕康(m3.com編集部)


厚生労働省保険局医療課長の迫井正深氏は4月5日、都内で開かれた第118回日本外科学会定期学術集会(会頭:國土典宏・東京大学名誉教授、国立国際医療研究センター理事長)の特別企画で講演し、診療報酬における外科医療の技術評価について、今後は手術や手技の価値やアウトカムをどのように反映するかという検討が重要になるとの認識を示した。迫井課長は、手術などを診療報酬で評価する場合は、投入されているマンパワーや機器、材料など「プロセス」と「ストラクチャー」が中心になっていると改めて説明。その上で、「今後は、価値...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

給与費の抑制で経営が短期的に回復か 2019/1/24

オンライン診療「同一医師による診療原則」見直しへ、指針を改定 2019/1/24

不適切入試の大学志望者数は?今日センター試験 2019/1/19

「できるだけ日中に受診」が最優先、市民のアクション 2019/1/19

東京五輪・パラリンピック、医療行為の責任は組織委でカバー 2019/1/19

医師の残業上限「2000時間」は厚労省“案” 2019/1/18

2025年の看護需給、病院・有床診療所では需要約97万人か 2019/1/18

がん部位の1位、2016年は「大腸」 2019/1/17

中川日医副会長、社保審委員、任期満了で退任 2019/1/17

厚労省「AIは支援ツールにすぎず、判断の責任は医師」 2019/1/17

日医が医療通訳に関する協議会を設置 2019/1/16

妊婦加算「要件を厳格化すべきだった」 2019/1/13

消費税問題「課税も含めた議論必要」、猪口全日病会長 2019/1/12

社会保障抑制策、参院選後に厳しい議論 2019/1/11

「2040年問題、金より人の制約が課題」、吉田厚労省医政局長 2019/1/10

93歳現役医師ら、第7回赤ひげ大賞 2019/1/10

10連休対策「危機意識が低い傾向」 2019/1/10

横倉日医会長、2018年は「挑」戦の1年 2018/12/26

がん終末期患者の約4割「苦痛あり」、国立がん研究センター 2018/12/26

オンライン診療の手引書、診療科別で国内初 2018/12/26