m3.com トップ>医療維新>医師調査|いよいよ開始...>内科専門医、「取得が厳しくなった」◆Vol.9

内科専門医、「取得が厳しくなった」◆Vol.9

「内科を選ぶのに勇気」「ローテは負担、マイナー科に転向」

2018年5月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


「マイナー科志向が高まる」とされる中、その原因を探るため、内科専門医の在り方を質問した結果、「取得要件が厳しくなった」が22.7%、「サブスペシャルティにすぐに進めず、総合内科の研修が必要となった」(20.3%)との回答が2割を超えた(複数回答)。「一人前になるのに、時間がかかる」も、18.7%。内科専門医には、13のサブスペシャルティがあり、連動研修も認められている。ただし、従来は1年で認定内科医の資格を取得した後に、サブスペシャルティの研修に進めただけに、内科専門医取得のハードルが高くなった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事