m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>結局、言語はコミュニケーションのツール

結局、言語はコミュニケーションのツール

米国心臓外科医的なあいさつされ方・返し方 後編

2018年5月20日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


[連載第1回はこちら]前回に引き続きあいさつの話です。「ハイ」は最も簡単かつ普遍的なあいさつの仕方、返し方かもしれません。朝だろうが夜だろうが、偉い人だろうがなんだろうが、「ハイ」と言っとけば間違いないです。食事会にスーツで行っておけばまず間違いないことに類似します。基本的に米国での僕の病院での生活は「ハイ」、「グッド」、「サンキュー」、「オーケー」だけで1日を問題なく終えることができます。よくよく考えてみると、これは日本にいた時と全く変わらない状態であることに気づきました。日本の病院で働いてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事