m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>入院医療の再編・統合、なぜ?◆Vol.5

入院医療の再編・統合、なぜ?◆Vol.5

「7対1」、「10対1」の中間部分を新設

2018年4月18日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:入院医療の再編・統合が行われたとのことですが、どのような変更が、なぜ行われたのでしょうか?急性期の入院医療の基本料はこれまで、「7対1」、「10対1」に分かれていました。まず「7対1」とは「入院患者7人に対して常勤看護師1人配置」を意味し、「10対1」は同様に「入院患者10人に対して常勤看護師1人配置」のことです。点数(患者1人1日当たり)を見ると、「7対1」は1591点、「10対1」は1332点。「10対1」に看護必要度加算1の55点を加えても1387点で、「7対1」とは204点の開きがあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事