m3.com トップ>医療維新>レポート|教えて!医療...>「風邪の患者を大学外来で診る」はNG?

「風邪の患者を大学外来で診る」はNG?

教えて!医療ニュース◆Vol.7

2018年4月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


Q:外来の診療報酬は、大病院と中小病院、診療所では違いがありますが、それはなぜでしょうか。厚生労働省は、専門的な診断・治療は大病院へ、それ以外の、例えば生活習慣病で継続通院する場合や風邪などの軽症の疾患は、中小病院、診療所へと誘導しています。生活習慣病などの継続治療では、患者さんの生活背景も踏まえながら、地域の身近なかかりつけの医師が診るのが、より質が高い治療が期待できます。患者さんにとっては、通院するのも身近な病医院の方が便利でしょう。一方、大病院はMRIをはじめ、医療設備やマンパワー的に「重...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事