m3.com トップ>医療維新>オピニオン|島田悠一の「...>米国研修医の働き方改革、「振り子の揺り戻し」の段階へ

米国研修医の働き方改革、「振り子の揺り戻し」の段階へ

「1年目研修医の16時間連続勤務時間制限」は廃止

2018年4月30日 島田悠一(コロンビア大学病院循環器内科指導医)


m3.com会員の皆様、はじめまして。現在ニューヨークのコロンビア大学病院で循環器内科指導医をしております島田悠一と申します。内科レジデント(初期研修医)として2008年に渡米して以来、チーフレジデント、循環器内科フェロー(専門研修医)、そして指導医として米国のいろいろな病院のさまざまな立場の医師の働き方を実際に体験してきました。日本ではこの4月から新専門医制度が始まり、臨床研修や医師の働き方の改革も進むなど、医師養成の在り方が注目されていると伺っております。米国の最新事情をご紹介することで、日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

島田悠一の「米国流、医師の“育て方”、“鍛え方”」に関する記事(一覧

米国研修医の働き方改革、「振り子の揺り戻し」の段階へ 2018/4/30