m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>後期高齢者の窓口負担を2割に、財政審が議論

後期高齢者の窓口負担を2割に、財政審が議論

「医療保険の給付率を自動的に調整する仕組みの導入」も提案

2018年4月26日 高橋直純(m3.com編集部)


財務省は4月25日、財政制度等審議会(会長:榊原定征・経団連会長、東レ相談役)が5月にも公表する財政再建のための建議作成に向けた議論の中で、75歳以上の後期高齢者の自己負担を2割に引き上げるよう提案した。介護保険の利用者負担も原則2割にすることを求めたほか、「医療保険の給付率を自動的に調整する仕組みの導入」も提案した(資料は財務省のホームページ)。会見した成城大学経済学部特任教授の田近栄治分科会長代理は、審議会の様子を「後期高齢者の窓口負担を2割に高めていくのは、ほぼ一致した意見だった」と紹介。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

診療報酬本体0.41%増、厚労・財務大臣折衝 2018/12/18

「医療に係る消費税問題は解決」、日医 2018/12/14

社会保障分野61項目の改革求める、骨太2018工程表 2018/12/11

「いつでもどこでもケア」、オンライン医療を推進 2018/11/27

「薬剤師が栄養指導できるように」経済財諮問会議で民間委員 2018/11/21

財政審、国民皆保険は「持続可能性踏まえた給付に」 2018/11/20

医療・介護WG関連は28件、規制改革ホットライン 2018/11/20

財務省「病床数と入院医療費は相関、病床削減を」 2018/10/30

2018年末に新たな改革工程表、経済財政諮問会議 2018/6/16

介護分野で外国人人材の受入拡大、経済財政諮問会議 2018/6/6

2019-2021年度「社会保障改革を軸に『基盤強化期間』に」、経済財政諮問会議 2018/5/29

「地域別の診療報酬は“伝家の宝刀”」、荒井奈良県知事 2018/5/28

財政審、社会保障費抑制を求めるも、抑制目標示さず 2018/5/24

2040年度の医療費、66兆7000億円、政府推計 2018/5/22

日医横倉会長「患者に負担押しつけ、財務省は無責任」 2018/5/2

後期高齢者の窓口負担を2割に、財政審が議論 2018/4/26

社会保障改革推進「歳出水準目安を」、経済財政諮問会議 2018/4/13

日医横倉会長、都道府県別の診療報酬に改めて反対 2018/4/11

骨太方針2018でも社会保障費の枠組みを検討、経済財政諮問会議 2018/3/30

2018年前半の課題「医療費の地域差半減への取組加速」 2018/1/24