m3.com トップ>医療維新>オピニオン|「医学部卒後...>ふつうの内科医が目指す“総合内科的医療”の普及

ふつうの内科医が目指す“総合内科的医療”の普及

“うちじゃないと言わない”“それ本当?”を大事に-テーマ1「病院総合医」Vol.2-

2018年5月11日 JCHO星ヶ丘医療センター総合診療部 医長 小嶌 祐介


JCHO尾身理事長が語る「テーマ1『病院総合医』」はコチラ小嶌祐介YusukeKojimaJCHO星ヶ丘医療センター総合診療部医長中央が筆者【略歴】奈良県出身。2005年滋賀医科大学医学部卒業後、医仁会武田総合病院初期研修医・消化器内科後期研修修了を経て、2012年から洛和会丸太町病院総合診療科で医員として勤務し、2016年から現職。【所属学会・取得資格】日本内科学会認定内科医、同学会総合内科専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医、同プライマリ・ケア認定医。私は大阪府枚方市にある星ヶ丘医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事