m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>自己負担割合はどう推移してきた?【医療の現状】

自己負担割合はどう推移してきた?【医療の現状】

80年前は自己負担ゼロ、保険料率は年々上昇

2018年5月27日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:患者の自己負担割合は、どのように推移してきたのでしょうか?現在の自己負担割合は70歳未満が3割、70歳から74歳と義務教育就学前が2割、75歳以上は1割(現役並み所得者は3割)と年齢別に分かれていますが、以前は制度ごとにまちまちでした。まず被用者保険制度ですが、1927年に健康保険制度が導入された当時、加入者は国民の一部に限られていましたが、被保険者の自己負担はゼロでした。最初は被保険者本人のみの給付でしたが、1940年に被扶養者が5割負担で保険給付の対象に。1943年には被保険者に定額の自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事