m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>日本の人口、ピークは2008年【医療の現状】

日本の人口、ピークは2008年【医療の現状】

高齢化は世界に類を見ないスピード

2018年5月30日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:日本の人口はどのように推移してきたのでしょうか?総務省統計局の人口推計によれば、2008年に1億2808万人でピークを迎えました(統計局のホームページ)。2009年は1億2803万人、2010年は1億2805万人で、2010年以降は年次推移としては減少し続け、2018年5月1日現在の概算値は1億2649万人となっています。過去に遡ると1920年は5596万人、1945年は7214万人、1967年に1億人を突破しましたが、平成に入るころから増加のスピードは低下しました。出生児数と死亡者数の差を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事